「表現力の源となるしなやかな感性を養う」
 
 
 グリュックリッヒ・ミュージックセラピー  

 



【第1回】

五感を使って音で遊ぼう(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)


【第2回】 素材遊びから楽器作りへ−自然の素材(胡桃)を使った楽器作り


【第3回】 音とスペース


【第4回】 朗読と音楽と絵


【第5回】 誰かが見ていてくれる


【第6回】 石の街
 

 
 

   
「いろいろな音から五感を感じよう!」
 
 
 ミュージックセラピー  

 



【第1回】

自分の体を楽器にしてアンサンブルする。
目標:自分の体の触感を感じて聴覚・視覚から刺激して発見を感じる。



【第2回】 いろいろな音楽に合わせて朗読する。
目標:音楽によって気分や体に変化が起きるのかどうかを感じる。


【第3回】 音楽を聴くことから、季節・場所・時間帯・匂い等などを想像して物語を創る。
目標:聞くことから想像力を養う。


【第4回】 体をストレッチする事から体のバランスを知り、そこに音楽を加える事で、何が変るかを感じる。目標:自分の体をよく知ることで、これからの仕事上で、人の体に触れる重要性を音楽と共に知る。


【第5回】 二人一組になり、一人は目隠し、一人は言葉でない声や楽器の音で誘導する。
目標:視覚と聴覚の違いから、伝達する事とは何かを考える。


【第6回】 野菜を持参してもらい、触感、嗅覚、から料理方法を考え、イメージする野菜の音を楽器使用して創る。目標:五感をフルに使って音作りをする。


【第7回】 落ち葉を持参してもらい、形、匂いの違いに気づき、上から落として、葉っぱの動きにあわせて音をつける。目標:視覚と想像した事に相違があるか?を話あう。


【第8回】 一本の線を発展させて絵を描いていく。出来上がった絵に、物語と効果音をつけていく。目標:音楽を使用して、想像する事と創造することを共有する。


【第9回】 ワックスペーパーを使用して、リズムセッションする。
目標:感覚機能を使用して、音楽的活動にトライ。


【第10回】 各人、好きな音楽を持参して、それについて何故好きなのかを発表する。
目標:音楽と自己が、正面から向き合う。


【第11回】 学院近所を歩き、街の音をスケッチをする。目標:聴覚、視覚、嗅覚、を集中させる。


【第12回】 自分と他人では感じる事が違うという事を今までの授業で感じてもらったので、ヒーリング効果にはどういう事が必要かを話あう。目標:コミュニケーションする事で、自分の世界を心地良く他人に、感じてもらう事を体験。